家賃滞納のリスクを軽減できる?賃貸保証会社の魅力とは

賃貸保証会社の存在

近年、「賃貸保証会社」という言葉をよく聞くようになりましたが、「どういった会社でどのような役割を持っているのか」ということをご存知ですか?まずは賃貸保証会社の役割を確認しておきましょう。

賃貸保証会社の4つのサービス

空室

家賃滞納の保証

賃貸保証会社が提供するサービスの中でも、最もメインとなるものが、家賃滞納の保証です。借主が滞納した場合、その滞納分の家賃を賃貸保証会社が立て替えるといったサービスになります。

賃料回収の代行

借主の滞納が続いた際に、賃料の請求・回収を貸主側の代わりに代行するサービスも賃貸保証会社の役割の一つです。毎月の家賃を借主からしっかりと回収し、貸主側に報告します。

訴訟費用の負担

賃貸保証会社が回収を行ったにもかかわらず、家賃不払いが継続した場合、貸主側が訴訟を起こすというケースもあります。そんな時にかかる訴訟費用の全てを賃貸保証会社が負担してくれる場合があります。

原状回復等の費用負担

借主が退去した後に、次の入居者に物件を貸し出す状態にするためには「原状回復」が必要になります。また、借主が残置物を放置した場合、撤去も必要です。賃貸保証会社はこういった原状回復等にかかる費用も負担してくれます。

家賃滞納のリスクを軽減できる?賃貸保証会社の魅力とは

積み木

そもそも賃貸保証会社って何?

賃貸保証会社は、賃貸住宅の契約時に必要な借主側の連帯保証人を代行する会社です。この賃貸保証会社を利用するには、保証会社と不動産を経営している方との間で保証委託契約を結ぶ必要があります。契約に同意することで、はじめて借主側が利用することが可能になります。

マンション

賃貸保証会社を利用するメリット

賃貸保証会社を利用することにより、貸主側にとっては家賃が回収できないというリスクが軽減できます。一方、借主側にとっては連帯保証人を代行してくれることにより、家族や親族に保証人を頼まなくていいというメリットがあります。

空き部屋

賃貸保証会社の選び方

賃貸保証会社にはいくつか種類がありますが、できれば賃貸の管理会社のグループ会社を利用したいところです。管理会社のグループ会社なら、手数料が安くなる可能性がありますし、何より安全度が高いです。万が一のトラブルにも幅広い対応ができるので、管理会社のグループ会社はオススメでしょう。

間取り

賃貸保証会社での懸念事項

賃貸保証会社は賃貸保証や回収代行によって、貸主側に大きなメリットをもたらします。しかし、その反面、過剰な取り立てや脅しで社会的にも問題視されたこともあります。賃貸保証会社に委託する際には、そのような事態がないように念を押しておきましょう。

広告募集中