アルツハイマーに効果的な栄養素|元気な体をキープするコツ

4人の老人

善玉菌を補給するために

ドラッグ

腸内環境が悪化すると

腸管は第二の脳とも呼ばれるほど、私たちの生命維持において重要な役割を持っていると考えられています。その理由の1つとして、一般の臓器は中枢神経の支配を受けて機能するのですが、腸管は中枢神経の支配を受けずに、独自で機能することができると言われているのです。そして、腸管の状態を左右する大きな要因に腸内細菌があります。腸内細菌には、善玉と悪玉、及び日和見の3種類の菌があると言われており、悪玉菌である大腸菌やウェルシュ菌が増えると腸内環境が悪化してしまいます。そして、腸内環境が悪化すると、便秘になったり免疫機能が正常に機能しなくなる等、私たちの健康に悪影響を与えることになるのです。また、歳を取るに従い腸内環境は悪化しやすくなると言われていますから、何らかの対策が必要です。

悪化を防ぐためには

腸内環境の悪化を防ぐためには、善玉菌を補給する必要があります。善玉菌というのは、乳酸菌に代表される私たちの健康に良いとされる菌種のことで、善玉菌を補給するためには、乳酸菌サプリの利用が有効だと考えられています。乳酸菌は、ヨーグルト等の乳酸発酵食品でも補給できると言われますが、生きた状態の乳酸菌を大腸まで届けるためには、乳酸菌を胃酸から守る工夫が必要なのです。乳酸菌サプリなら、胃酸に耐えうるように製造されていますから効率的に生きた乳酸菌を大腸に送り届けることができるわけです。最近では乳酸菌サプリが数多く市販されていますから、どの乳酸菌サプリに人気が集まっているのかインターネットで調べてみると良いでしょう。