はじめに

不動産投資と聞くと「土地や資金を持て余す裕福な方がする投資方法」と思いがちですが、実際のところ、サラリーマンや主婦でも行っています。もし、不動産投資に興味があるなら、これから紹介する記事を読んでおくといいでしょう。

不動産投資の初心者は必見!投資に関する知識をご紹介

空き部屋

不動産投資ってどんな投資?

不動産投資とは、利益を得ることを目的として、不動産事業に資金を投下することを言います。もっと具体的に言いますと、購入した物件を賃貸という形で人に貸したり、あるいは物価上昇のときに売却したりして利益を生み出します。このように不動産投資と一口に言っても様々な手段があるので、初心者であれば、まずは自分合った方法を探すことをオススメします。

積み木

長期的な収入を得る方法

現在、主流になっている不動産投資はインカムゲインと呼ばれています。インカムゲインは購入した物件を売却するのではなく、そのまま投資対象の建物を経営して「賃料収入」を得ます。インカムゲインは不動産投資においてリスクが少なく、定期的に利益が見込めるので、非常にオススメできる投資方法です。しかし、その反面、空き室問題なども指摘されることもあり、常に家賃相場をチェックしながら、臨機応変に動く必要があります。

空室

売買での取引は玄人向け

1980年代後半のバブル期に流行した不動産投資はキャピタルゲインと呼ばれており、不動産の売買での差額で利益を得る方法です。このキャピタルゲインはバブル期こそ、物価上昇が見込めたため主流でした。しかし、最近では不動産は購入した時点から価値が下がる傾向にあり、キャピタルゲインで利益を得ることは昔に比べて、格段に難しくなりつつあります。そのため、投資初心者であれば、キャピタルゲインは避けるべきかもしれません。

マンション

海外不動産という選択肢もあり

最近では国内の不動産も下落傾向にあり、「海外不動産投資」が投資家の間で注目されるようになりました。海外不動産投資は文字通り、海外の不動産に投資する方法で、株式やFXなどの金融商品と比べて流動性に欠けるものの、海外に実物資産を持てるということから好評です。海外不動産がオススメできる理由はたくさんありますが、何と言っても経済・金融情勢による影響が少なく、物価上昇が見込めるということが最大のメリットです。近年、東南アジアにある国々はインフラ設備も整ってきており、今後の物価上昇が期待できるので、非常にオススメです。

ココがポイント!

いずれの投資方法を選ぶとしても、投資ではリスクが少なからずあります。リスクマネジメントを徹底管理した上で不動産投資を行うようにしましょう。

投資を始める前に

不動産投資に必要な建物を購入するには、いくつかの書類が必要になります。以下に記載している書類が一般的な物になりますが、購入する際には不動産会社に聞いておく方が無難でしょう。

不動産購入に必要な書類

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 印鑑証明書
  • 手付金
  • 印紙代
  • 仲介手数料の半金

広告募集中